景年記念館                          戻る

景年記念館は書道家故川上景年(1903〜2003)の生誕の地である岡山県高梁市備中町に建てられている。約700点におよぶ作品を収蔵し、
氏の功績を後世に伝えるための書道美術館として、平成9年11月に開館されたものである。
(左)景年記念館の外観

(左下)館内の展示風景

(下)庭園側からの景観

豊かな自然に恵まれたロケーションにあり、展示されている作品群に感銘を受ける。

一見に値する。

鉄筋コンクリート一部木造平屋建(一部2階)延べ410uで、白壁を基調にした和風の落ち着いた雰囲気の記念館である。
八角形の展示室には額、軸など氏の書作品を常時約20点を展示し、3か月ごとに展示替えを行なっている。

記念館の隣には、「山寺の和尚さん」の作詞で有名な民謡詩人、久保田宵二氏の作詞原稿など、郷土に由来する数多くの
歴史文化遺産を展示する備中郷土館や、水車小屋がある。また、そばを流れる長谷川では春にはヤマメ釣り、
夏にはホタルの乱舞(6月中下旬)が楽しめる。

開館時間 平日10:00〜15:00 土日祝祭日 10:00〜16:00
休館日:毎週 月・水曜日(休館日が祝祭日の場合は翌日が休館日)、年末年始12月28日〜1月4日は休館
入館料 大人300円/小中学生150円/65歳以上200円
※15名以上の団体で各50円割引

連絡先
〒716-0304 岡山県高梁市備中町布賀3543番地3           リンク先:高梁市景年記念館

お問合わせ先
0866−45−4515